年末年始 休業のご案内

2016年  

2016年末-2017年始 休業のご案内

GRAPSでは誠に勝手ながら、GRAPSでは以下の期間、年末年始の休業とさせて頂きます。
本期間中に頂きましたお問い合わせに関しましては、2017年1月6日(金)よりご対応をさせて頂きます。

休業期間
2016年12月28日(水) ~ 2017年1月5日(木)
業務再開日
2017年1月6日 AM10:00より通常業務を開始致します。

2015年

2015年末-2016年始 休業のご案内

GRAPSでは誠に勝手ながら、GRAPSでは以下の期間、年末年始の休業とさせて頂きます。
本期間中に頂きましたお問い合わせに関しましては、2016年1月6日(水)にご対応をさせて頂きます。

休業期間
2015年12月28日(月) ~ 2016年1月5日(火)
業務再開日
※2016年1月6日 AM10:00より通常業務を開始致します。

TV放映・新聞媒体掲載ニュース

2016年

ダイニチ工業株式会社様 UX新潟テレビ21「まるどりっ!」での放映

2016年4月30日 UX新潟テレビ21「まるどりっ!」の「得報アンサー」のコーナーにおいて、ダイニチ工業株式会社様のバーチャルリアリティーを活用した商品企画として、nStylerでの活用事例が紹介されました。

2015年

digitaljewelry様 アルタビジョン配信サービスの協賛

2015年1月14日 nStyler、nPhotoユーザーのdigitaljewelry様が製作された業務形態の告知映像が新宿アルタビジョンにて本日限定で配信されております。本日、新宿アルタにお越しの際は是非アルタビジョンをご覧いただければ幸いです。

放映日時

放映日
2015年01月14日(水) 本日のみ
時間
毎時間32分ごろ (最終23:32)


digitaljewelry代表 佐藤善久様

以前のニュース内容

nStyler無償化

以下の通り、有償にて販売致しておりましたリアルタイム・レンダラー「nStyler」本体プログラムの無償化サービスを開始致します。無償版につきましては本サイトからダウンロードする事が可能となります。尚、無償版及び付随サービスにつきましては、以下に内容詳細を記述しておりますのでご確認下さいます様お願い申し上げます。

サービス開始日時

開始日時
2013年8月1日(木曜) PM12:00~
入手方法
無償版は本サイトからダウンロードが可能となります。

無償版機能詳細

詳細・変更点
①FlashVRからHTML5準拠の「nView360」新サービスへ移行
②立体視(3D対応)機能を標準機能として実装
③RTRTモードでのモード表記を明確に致します。
④Rhinocerosエキスポーターの有償リリース (8月下旬予定)
⑤背景、モデル等の各ライブラリの有償サービス(8月中旬公開予定)
⑥読込データのモデル出力(3Dデータ出力)機能の削除
その他

ご利用条件について

利用条件
nStyler無償版(nStyler2013)は、何台のPCにインストールして頂いても構いませんが、インストール毎にユーザー登録が必要となります。ユーザー登録は、重複した名前・メールアドレスでご登録頂いて構いませんが、出来る限り実際の利用者・管理者の正確な情報を入力下さいます様お願い申し上げます。
ライセンス形態
製品版nStyler3.2については、「ノードロック」「フローティング」「ドングル」等の各ライセンス及びライセンスサーバーを引き続きご利用頂く事が可能です。但し、無償版としてリリース致します最新のnStyler2013でのライセンス形態は全て「ノードロック」でのご提供になります事をご了承下さい。

保守サポート体制の変更

変更内容
今までご利用頂いておりました、nStylerへの有償保守サポート業務につきましては、本無償サービスの開始に伴いまして、電話・メール等での保守サポート業務を中止させて頂きます。尚、今後はWebサイトを利用したサポート体制に移行致します事をご了承下さい。
また、今までに有償保守サポート業務をご締結頂きましたお客様へは、従来通り、電話・メール等のサポート業務を行いますので、引き続きご不明な点が御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

Hayabusa販売中止

2013年8月1日より開始致しますnStyler無償化サービスの発表に伴い、現在販売しておりますHayabusaにつきましては、2013年7月31日を持ちまして販売を中止にさせて頂きます。
多年にわたりましてご利用頂きました事を誠に厚く御礼申し上げます。
尚、Hayabusaで作成したデータにつきましては、nStyler無償版にて、Hayabusaプロジェクトファイルをインポートする事が可能となっております。また、Rhinocerosで作った3Dデータにつきましては、FBX、OBJ、COLLADA(dae)、3ds、VRML2.0等の中間形式をnStyler無償版で読込む事が可能です。
さらに、8月下旬にはRhinoceros専用のnStylerエキスポーターを発売する予定となっておりますので、引き続き、nStyler無償版をご利用頂きたくお願い申し上げます。