操作手順

nPhotoでは、1枚のイメージをそのまま表示させる「静止画像モード」と色々な角度からの画像を引用した「回転画像モード」の2つを利用する事が可能です。

操作手順.png

手順1
ダウンロードサイトから合成させたいデータをダウンロードします。
手順2
ダウンロード・リストの中から表示させたいデータを読み込みます。
手順3
読込んだ商品画像を画面内の任意な位置に移動、拡大/縮小、回転(回転データ時)を行います。
手順4
好きな場所でカメラ撮影を行います。
手順5
画面内のINFO ボタンで商品WEBサイトへリンクが行えます。

静止モード時の操作方法

ViewSlide01.png①静止画像を表示すると右上の表示切替が自動的に平行モードになります。




ViewSlide02.png②平行モード時は、画面内をモデル画像をスライドさせ移動させるます。



ViewSlide03.png③拡大縮小は画面内のボタン及び画像のピンチ操作で行います。


回転モード時の操作方法

回転画像を読み込むと右上の平行/回転ボタンで各モードを切替る事が可能になります。画面内を指でモデルを移動させるには平行モードでモデルをスライドさせ、回転させるには回転モードで選択モデルを回す動作をする事でモデルが回転します。
ViewRotation01.png①回転画像を表示すると右上の表示切替が自動的に回転モードになります。


ViewRotation02.png②回転モードでは指を左右に動かすと画像を回転させる事が可能になります。


ViewRotation03.png③上下の回転画像があるコンテンツでは、指を上下に動かすと上下回転が行えます。